ワンピースのネタバレ伏線LABO

ワンピース(OnePiece)大好きの管理人よるワンピースのネタバレや伏線まとめサイト!最新情報から考察、予想、伏線、名言、名シーンなどまとめまくります。

*

【ワンピース】青キジの足がない理由やその後の行方を伏線から考察

      2015/10/05


ashi

ワンピースの旧3大将で現在何者かさえ不明な青キジ。

パンクハザード編でドフラミンゴにボコられていたスモーカーを助けその後行方が分からなくなっています。

そんな青キジですが実は映画「ワンピース FILM Z」ではルフィ率いる麦わらの一味がいる温泉の場で登場。

映画での2年後の姿は、

  • 右肩に大きな傷跡
  • 左足がない

と「青キジ何があった?」と思うような状態で現れています。

一体誰に傷を負わされ、また足を失ったのか?気になったので。

今回は青キジの足がない理由について、また海軍を抜けたその後の行方を伏線から考察してみることにしました。

スポンサーリンク




足がない理由とは?

kizu

それでは早速、青キジの足がない理由についてその真相に迫っていきましょう!

映画「ワンピース FILM Z」にて登場し驚かされた青キジの

  • 右肩に大きな傷跡
  • 左足がない

状態。

元海軍の大将がここまでダメージを受ける自体、まず相手は何者?って感じですが。

映画ではこの傷に驚いた麦わらの一味に対し、青キジは

「ちょっとやんちゃしすぎちまった…」

と語っています。

やんちゃですむような気がしませんが(笑

その後、ルフィが湯船からあがった青キジに対し、

「おまえその足どうしたんだ」

と聞くと青キジは

「世の中にはきかねぇないほうがいいこともあるって覚えときな」

と返答しています。

怪しい…怪しすぎる。

映画「ワンピース FILM Z」にてわかった青キジの状態、そして2つの返答の結果を考えると。

もしかしたら青キジのこの2つの傷は別々に付けられたものではないか?と思われます。

理由としては左足の件についてルフィの問いに対し、相手が同じなら返答は「やんちゃ」で済むとおもうのですが…

そうではないということは何かしらのトラブルまたは裏切りにあったのではないでしょうか?

一体どういう場面なのか?は分かりませんが、管理人の予想では

 

・右肩に大きな傷跡=やんちゃ=赤犬との決闘

・左足がない=世の中には…=トラブル、裏切り

 

といった流れのような気がしますね。

青キジの右肩の大きな傷跡に関してはほぼ赤犬で間違いないでしょう。

青キジ同様、赤犬も2年後元帥として登場した際、首筋に大きな傷跡を受けているのが分かります。

また左足がない理由についてははっきりとは分かっていませんが引き続きワンピースの今後の伏線や過去ページを振り返り紐解いていきます。

スポンサーリンク




その後の行方について

moria1

赤犬が元帥の座へ就くことをとにかく拒んだ青キジ。

結果としてパンクハザードで2人は10日間に及ぶ!

天候を変えるほどの大喧嘩をしたのですが結果として赤犬は元帥、青キジは海軍脱退という形になりましたね。

ではその後の海軍脱退後の青キジの行方はというと未だに何者かもわからず素性も掴めていません。

ただ【ワンピース】青キジは現在何してる?今後の活動を徹底予想で紹介した通り、形はどうあれ赤犬率いる海軍の暴走を止めるために活動してると思います。

そしてその活動拠点として決めたのが四皇の中でも1番危険で勢いがある黒ひげとの接触。

ですがそれもあくまで仮、今は世界を守るために自分の正義を貫きながら行動していると感じます。

なぜそのように思うのか?と言いますと以前、パンクハザード編にてドフラミンゴからボコられたスモーカーを助けた時に

「おれはおれよ…スモーカー」

と意味深な発言をしてるんですよね。

海軍という立場を捨て、自由に動けるフリーを選びながらも世界を守る為に自分の正義を全うしようしているのではないか?と管理人は思います。

青キジの「ダラけきった正義」を実現する為にも。

海軍を離れてなお夢の実現へ向かう青キジ、これが本当んらカッコよすぎます。

今後の青キジの登場場面や活動が気になるばかりです。

終わりに

いずれは発表されるであろう赤犬と青キジの決闘の回想。

赤犬の「徹底的な正義」そして青キジの「ダラけきった正義」がどのようにぶつかったのか?ここに何かしらヒントが隠されていそうな気がします。

今回の青キジの足がない理由は

・トラブル、裏切りの可能性が高い(予想)
・その後は海軍を抜け、自分の正義を守る活動をしている

になります。

最後まで長々とお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 世界政府・海軍