ワンピースのネタバレ伏線LABO

ワンピース(OnePiece)大好きの管理人よるワンピースのネタバレや伏線まとめサイト!最新情報から考察、予想、伏線、名言、名シーンなどまとめまくります。

*

【ワンピース】ジャック船長の正体は誰なのか伏線からネタバレ予想

      2015/10/30


kankei

ワンピースの801話にて姿を現したジャック船長。

正直登場した瞬間…一体誰?

となったので今回ジャック船長の正体について!伏線からネタバレ予想していきます。

スポンサーリンク




ジャック船長って誰?正体は…

fuji

ワンピースのパンクハザード編にて名前だけが判明しネット上で話題になっていたジャック。

当初は一体誰?ッて感じでしたが…

新世界編にて新しい重要人物であることは間違いないことと名前がジャックなだけにネット上では

・トランプ説

が浮上し、ジャック以外にその他にもジョーカーを取り巻く組織にキングやクイーンがいるといった噂が立っていました。

その噂があってからその後全くといっていいほどトランプ説については振られていませんでしたが…

今回801話「開幕宣言」にて遂にジャックが姿を現すことに。

顔が一部分の登場ですが現在分かっているジャックの伏線や情報をまとめると

 

・カイドウの海賊旗から仲間であることが判明

・船長なので~番隊また傘下の海賊

・そこそこな地位を持っている、結構な自信家

・顔下半分のマスク

 

ということが分かっています。

まだ顔全体は分かっていませんし、実力も未知数ですが今回の登場と伏線をまとめると。

ジャックの顔下半分のマスクのようなモノをしているところをみるとある1人の男の存在を管理人は思い出しました。

一体それは誰なのか?と言いますと…モーガン大佐です。

ゾロの仲間入りをする時に出てきた敵キャラだった、そうアレです!

特徴は口の下にマスクをし右手は斧、性格は「オラオラ」のドSで過去の発言をみても

 

・俺は偉い

・貴様は俺より偉いのか?

 

など力や権力を常に意識が強い傾向があります。

ルフィとゾロのコンボによりやられた後、牢獄されましたが現在脱走し消息不明のまま。

怪しすぎるモーガン大佐のその後、ルフィとゾロにやられ、また悪事が暴かれ犯罪者になった後の脱走。

現在も脱走後、何をやっているのか?

分からないことからも海賊をやっていても全然おかしくありませんし…

また当時のルフィは懸賞金もついていない頃だったことを考えるとモーガン大佐もあれから2年以上の月日が立っています。

ルフィが3000万から5億の懸賞金となったようにまたコビーが雑用から大佐になったようにモーガンもそれなりの実力を付けていてもおかしくありません。

ジャックの正体がモーガン大佐である!管理人は可能性大だと思っています。

スポンサーリンク




トランプ説の可能性

kakumei1

ジャックが姿を現したことにより動き出したトランプ説。

そしてネット上で前々から噂されてきたカイドウの海賊はトランプ説の可能性こちらもかなり高いと感じています。

理由を挙げるとするならば今回ワンピース801話にて登場したジャックは海軍(おつるなど)により護送されるドフラミンゴ(ジョーカー)を奪還を決意していることです。

ドフラミンゴ(ジョーカー)の大きな取引相手は四皇のカイドウ。

この流れでジャックがカイドウの仲間であることを分かりネット上で噂されていたトランプ説が見事に完成し

[仲介人]
・ジョーカー=ドフラミンゴ

[取引相手]
・キング=カイドウ

・クイーン=?

・ジャック=モーガン?

といった関係図が見え隠れしてきました。

そしてカイドウの組織は上記の3人を筆頭にした組織で構成されている可能性が高いかもしれません。

他にも幹部はいると思いますが…

今後、高確率で登場しそうなキャラになりそうなので引き続きジャックの動向やカイドウの動向から正体を調査し追記していきます。

その他に革命軍のトランプ説もあります!

【ワンピース】革命軍の目的とは一体何?トランプ説の噂を徹底考察

以上が管理人によるジャックによるネタバレ予想です。

皆さんはジャックの正体は誰だと思いますか?

こちらの記事も一緒に楽しんでもらえたら幸いです。

【ワンピース】ジャックの強さや悪魔の実の能力をネタバレ予想

 

終わりに

 
新世界編にて姿を現し、また組織や素性が判明してきた四皇のカイドウ。

ルフィ同盟かキッド同盟のどちらかがカイドウとバトルといった形で次期四皇の流れになりそうなそんな予感がします。

今回のジャック船長の正体は

・モーガン大佐の可能性大(予想)
・カイドウの組織はトランプ説の可能性大(予想)

になります。

最後まで長々とお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 四皇・部下や傘下