ワンピースのネタバレ伏線LABO

ワンピース(OnePiece)大好きの管理人よるワンピースのネタバレや伏線まとめサイト!最新情報から考察、予想、伏線、名言、名シーンなどまとめまくります。

*

【ワンピース】カイドウの正体はオーズの子孫?鬼ヶ島説から考察

      2015/10/05


tora1

ワンピースの四皇の1人として現在キッドの前に立ちはだかるカイドウ。

デカさといい、角の生えた見た目といい、強そうなのは見てわかりますが。

以前から「地上最強の生物」といった伏線もあることからカイドウの本当の正体が気になるばかり。

今回は四皇のカイドウの正体について、最近ネット上で噂されるオーズの子孫説や鬼が島説について考察してみることしました。

スポンサーリンク




オーズの子孫って本当?

group

ワンピースの796話に初登場以来、ネット上で様々な噂を集めいているカイドウ。

以前からワンピースの物語の中でも

 

「百獣のカイドウ」

「地上最強の生物」

「モリアと一戦」

 

などちょこちょこと姿を現しては、ワンピースファンのざわつかせていた者です。

そんな四皇の中でも「地上最強の生物」といわれ人間ではない扱いを受けているカイドウ。

一体正体は何なのか?

最近ネット上で噂されるオーズの子孫説は本当なのか?

管理人なりに予想したところ可能性は大だと感じています。

理由としては2つ。

1つめは以前からワンピースの物語の中で言われている

 

「百獣のカイドウ」

「地上最強の生物」

 

の「百獣」と「生物」にあります。

この2つをみるからに獣臭いということがまず1つ。

そして2つ目はカイドウのあの異常な見た目です。

ここにオーズの子孫に繋がる大きなポイントが隠されています。

皆さんは以前マリンフォードで登場したリトルオーズJrを覚えているでしょうか。

マリンフォードでエースを救うためにドフラミンゴに足をきられ、海軍にフルボッコにされながらも活躍したキャラクターです。

今は何をしてるか?生きてるのか?さえ分かりませんが。

気になるがそのリトルオーズJrとカイドウの見た目です。

カイドウのシルエットが分かった時、何かに見た目が似てるな…と思い調べた結果、それがオーズでした。

そして2人の見た目を比較した結果

  • サイズ
  • 刺青
  • 長髪
  • 上半身裸

などなど様々な点が似ていることが分かっています。

このことから四皇カイドウの伏線「百獣」と「生物」を組み合わせた結果。

ネット上で噂されるオーズの子孫説はかなり有力な説と感じています。

が…管理人の予想ではカイドウの正体はオーズと「何か(巨人族)」のハーフだと思っています。

じゃないとリトルオーズJrが生きてる意味や立ち位置がわからなくなるので。

そしてそのことがコンプレックスでカイドウのあの趣味や口癖となってるのではないか?と感じています。

ただどちらにしてもカイドウにオーズが関わっている可能性は大といえるでしょう。

スポンサーリンク




鬼ヶ島の鬼説とは?

maguma

そしてもう1つ、カイドウが登場して噂されるようになったのが鬼ヶ島の鬼説。

角が生えてる見た目や姿からおそらくそのような噂がたったと思われますが。

こちらの可能性ですが管理人の予想では鬼ヶ島は大、鬼説はオーズ説という流れでほぼ確定だと感じています。

っというのも最近のことですが、ワンピースの793話「虎と犬」の物語の中にその鬼ヶ島に関する秘密が隠されています。

ドフラミンゴがルフィにより討ち取られたことが分かり、カイドウの部下らしき人物がカイドウを探すシーンで鬼の角の形をした山?建物?のような描写が描かれているんですよね。

この描写からこれまでの鬼ヶ島説がマッチし、またこの鬼の角の形をした山?建物?場所がカイドウの本拠地ではないか?と感じています。

ではここまでの流れをまとめてカイドウの正体を管理人なりに予想するならカイドウは鬼ヶ島出身のオーズとの「何か」のハーフであるのではないか?と思います。

あくまで管理人の予想ですが、鬼ヶ島は793話「虎と犬」の1シーンより。

またオーズとの「何か」のハーフ説はリトルオーズJrとの比較でそう感じています。

今後のワンピースで分かってくるであろうカイドウの本当の正体!

皆さんはカイドウの正体は何だと思いますか?

 

終わりに

 

カイドウの正体や出生と同時にもう1つ気になるのがきんえもんとモモの助のカイドウの名前を知った時の驚きの反応!

おそらくワノ国と鬼ヶ島は密接な関係にあるってことなのかもしれませんね。

今回のカイドウの正体は

・オーズと「何か」のハーフ
・鬼ヶ島出身はほぼ確定

になります。

最後まで長々とお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 四皇・部下や傘下