ワンピースのネタバレ伏線LABO

ワンピース(OnePiece)大好きの管理人よるワンピースのネタバレや伏線まとめサイト!最新情報から考察、予想、伏線、名言、名シーンなどまとめまくります。

*

【ワンピース】ナミの人魚説は本当か?しらほしの謎の発言を考察

      2015/10/05


kuroko1

ワンピースに散りばめらた多数の伏線。

現在そんな伏線の1つから大きな仮説が立ち、ネット上で大きな噂になっています。

それがナミは元々人魚だったのではないか?という説です。

またムチャクチャな…

とこの件を知った時そう思った管理人ですが、もしかしたらナミは本当にと…考えさせられざるをえない、しらほしの謎の発言があったので。

今回ナミの人魚説についてその真相を考察していきます。

スポンサーリンク




ナミの人魚説について

sanji2

ワンピースの一コマ一コマに隠されている伏線。

その言葉の裏側や描写の裏に隠された内容を紐解くのが楽しいのですが今回の伏線は大きな伏線になっていますね。

ナミはもしかしたら人魚説、早速この真相に迫っていきましょう!

まず管理人も気になったしらほしの伏線。

スポンサーリンク




しらほしの謎の発言とは?

usopp

魚人島で初めてナミと出会ったしらほしの会話はなぜかいきなり、

「初めてお会い致しますのに…何だかほっと致しますね」

そのしらほしの会話に対しナミは

「境遇が少し似てるからかな…」

というシーン。

いやいや、いつ境遇知ったんだよ(笑

ってよりほっとするって何ー?

と謎が謎を呼ぶシーンがあるんですよ。

しらほしの何だかほっとする!は分かりますよ、でもナミのナミの境遇が少し似てる!はもう意味分かりません。

何だか前から知ってました!レベルじゃないですか、これは。

このナミのしらほしに対する言葉にナミが人魚説の秘密が隠されていそうなので二人の過去を調べてみることにしました。

今回のナミとしらほしの過去は2人の共通点を中心にざっくりとまとめています。

ナミの過去とは?

子供のころアーロンに脅迫され8年間海図を描かされる。

その後、育ての親ベルメールをアーロンによりコロされる!

しらほしの過去とは?

ホーディにより母を目の前で失う。

バンダーデッケンのストーカー行為で竜宮城に幽閉。

確かに過去の流れが似ている、共通点は

  • 閉じ込められていた

といったところでしょうか。

ですがここまでだとまだ何ともナミが人魚説だとは思えません。

ということで人魚説について徹底的に調べたいのでさらにさらに過去に戻り、深掘りしていくと過去に恐ろしい伏線が出てきました。

それがアーロンとの勝負前にルフィが書いたナミの似顔絵です。

なぜかルフィが書いた絵は魚人の姿をしたナミ。

最初はふざけて書いているようにも感じましたが本当に意味が分かりません!

下手なりに書くなら顔だけでいいのになぜ体まで…人魚説を元に考えるともしかしたら…と疑ってしまいます。

伏線の尾田先生ですからね、もしかしたらこれはナミが人魚だった暗示を表しているかもしれません。

ルフィは絵が下手なのはわかりますが、なぜナミを魚人ッぽく描いたのか?

このことを考察した結果、管理人の予想ではルフィにはナミの過去の姿が見えていたから!なのかもしれません。

あの点の目で見抜いていたのかもしれません、もしかしたら。

またその他に魚人や人魚は成長と共に2本足に別れていく事が分かっています。

なぜそうなるのか?は尾田先生にきいてみないと正直わかりませんが。

もしかしたら人間は魚人の子孫ってことなのかもしれません!

さらにワンピースの仲ではクォーターの存在がたびたび出てきています。

このことを考えるとナミが人魚説であるという可能性は捨てきれず、また魚人の血がナミにあったとも考えられます。

またその可能性を感じさせるように繋がっていくのがナミ自身が持つ特殊能力。

 

天候を読む力!

そして出生が未だにわかっていないこと!

 

ナミが人魚説、この可能性ありえます。

ベルメールがナミを助け里親として育てましたが本当のナミの母親はもしかしたら人魚or魚人だったとも考えられます。

今となっては調べる術はありませんが、可能性は0とは言えないでしょう。
 

終わりに

 
ワンピースの初期メンバーの中でも出生が未だに謎になっているナミ。

ベルメールとの出会い前のナミエピソードが分かる日もそう遠くないのかもしれませんね。

今回の【ワンピース】ナミの人魚説は

・魚人or人魚の血を引く可能性大
・しらほしとルフィはナミを見抜いている(予想)

になります。

最後まで長々とお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 麦わらの一味