ワンピースのネタバレ伏線LABO

ワンピース(OnePiece)大好きの管理人よるワンピースのネタバレや伏線まとめサイト!最新情報から考察、予想、伏線、名言、名シーンなどまとめまくります。

*

【ワンピース】チョッパーに「何もするな」の紙を投げたのは誰?

      2015/10/05


kami

ワンピースの物語の中で多数に張り巡らされている伏線。

そんな多数ある伏線の1つで最近特に気になるのがパンクハザード編でルフィやロー、スモーカーがシーザーの手により檻に監禁されいてる時、チョッパーの頭に振ってきた「何もするな」の紙。

未だに犯人がわからず、そして過ぎ去るように物語は過ぎていますが、未だに気がかりなので。

今回のチョッパーに「何もするな」の紙を投げたのは誰なのか?徹底的に調べてみることにしました。

スポンサーリンク




「何もするな」の紙を投げたのは誰?

lgf01a201501230200

ワンピースファンの間だけでなくネット上でも特に伏線の1つとして話題となっているパンクハザード編の「何もするな」の紙

シーザークラウンの手により捕まったルフィ達をみてどうするべきか?迷っているチョッパーの頭の上にふってきた紙。

「なにもするな」

当時のあの場面を知っている読者なら犯人は檻の中で自由に動くことができるローとこたえる人が多いのではないでしょうか?

理由としてはローの能力、「ルーム」からの「シャンブル」で紙と何か交換すればすぐにチョッパーに伝言を送ることができますからね。

ですがこの「何もするな」の紙を送ったのはローじゃない可能性が高いんですよね。

なぜならローは檻の中にいる時、能力を出したシーンが一切ありません。

またチョッパーに紙を送る為に能力を発動したならそのくだりのシーンを書いて良いと思います。

ですが、そのシーンもない。

そして未だに誰が紙を投げたのか?の回収もされてない。

このことを考えるとローの可能性は低いと言えます。

その他にも、モネやロビン説がネット上で挙げられていますが、モネは敵ですしロビンはこの時、檻の中。

紙をハナハナの実を使って投げようにもおそらく海桜石で縛られ投げることができません。

では一体ロー以外に誰が投げたのか?

この不可思議な現象の犯人は誰なのか?

考えた結果!

管理人の中で思いもよらない重大な人物がいたのを忘れていました。

しかもこの人物、男なら誰しも欲しいと思ってしまう悪魔の実の能力を持っている人物です。

そう、皆さんもご存知の「アブサロム」です。

何!?ッて方もいらっしゃると思いますが、まずあアブサロムをご存知でない方にアブサロムとは?を簡単にご紹介しますと

moria1

名 前:アブサロム
所 属:モリアの部下→フリーライター
悪魔の実:スケスケの実

 

という人物になります。

当時モリアの部下でしたが現在は自身の悪魔の実の能力、スケスケの実を使ってフリーライター「アブサ」で活躍。

そしてパンクハザード編では麦わらローの同盟にターゲットを変え、スケスケの実を使って潜入し、この事件へつながったのではないでしょうか?

スポンサーリンク




ここからはアブサロム目線で管理人なりに予想した結果です。

 

状況を理解しているアブサロムは麦わらの一味に以前痛い目にあわされているので救いたなくない。

だが麦わらの一味の1人チョッパーが、まだ捕獲されていなことに気付く。

麦わらの一味の脱獄をなんとか阻止ししたいアブサロム。

「なにもするな」の紙を渡し、脱獄阻止。

したかのように見えたが実はローの手のひらの上で転がされていた。

 

ッと管理人は感じています。

くしも麦わらの一味の脱獄を阻止できなかったアブサロムですが記事のネタは十分、

  • ルフィとローの海賊同盟
  • キッド、ホーキンス、アプーの海賊同盟

と2つの海賊同盟の強烈な記事を世間で公表したという結果になったのではないでしょうか?

そして管理人がアブサロムだと確信したシーンが1つ、それがキッド、ホーキンス、アプーの海賊同盟のくだりで3人の会話から…

「何で俺たちの同盟がもれんてだァ~」

の時に走る一隻の船。

実はシルエットだけでハッキリわかりせんが、スリラーバークのモリアの海賊船なんですよね。

このことかアブサロムは現在、フリーライターの名目で諜報機関として活躍しながらもモリアの一味であることが分かっています。

今後どのような展開で姿を現すのか?気になるばかりです。

終わりに

マリンフォードからちょくちょくフリーライターとして活躍しているアブサロム。

スケスケの実+フリーライターの組み合わせ正直無敵です。

海賊辞めて転職すれば良いのに…笑

今回チョッパーに「何もするな」の紙を投げたのは

・アブサロム(ほぼ確定)

になります。

最後まで長々とお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 伏線・考察